えびたいモード。
海老で鯛を釣りつつ、ゲームメモなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の旅のこと、引退のこと

2   0

書き残しておきたいことはたくさんあるのですが、また今度書こ~今無理だからまた今度~今めんどくさいからまた今度~と後回しにしていくうちに膨大な量になってしまって、、毎回の更新の度にやたら文章が長くなってしまうわたしです。


引退までに2回は更新したかったのですがわたしの上記の怠慢により無理だったので今回の記事で色々とまとめて。。。



大好きなラウルとリィンの像、結局マネーを投資して手に入れました。


だって、ふくびき当たらんのんじゃもん。
そのうち1つ100万とかになったら嫌じゃし。。
てなわけで早々にお金で解決。
ラウルの方が10万ほど高かったです。
やっぱり男の子の方が人気なんかしらー。



前回の記事で引退宣言をしてから間が開き、3月に入ってからぽちぽちとINして、1番の目的である嵐の領界へ進みました。
以下ネタバレあります。
↓ストーリー進めてない方やネタバレが嫌な方は閲覧ストップです。↓


























嵐の領界に入って最初の印象は、〝なんかパッとしなくて、寂れた感じ〟。
風がゴーゴー吹き荒れていて、進んでいくと雷が光っては落ちたり、地面でばちばちと電気?が走ったり。

色彩も暗めな、あまりパッとはしない緑や茶色の世界。
闇の領界と同じで、薄暗くてじめじめした感じなのかなーんーそれだと個人的好みではないなーと思いつつ最初のエリアをうろちょろり。
そしたらソッコーで聖塔っぽいの発見。
オッケー今回もここ行くわけね。はいはい。了解です。



と思いながらアングル調節してわけですけど。





カメラあるある。
アングル調節に一生懸命になってる間にモンスターが超接近してきて、キャラの近くでピタッと止まって動かないw
すっごくドキドキしました。
戦闘になるかと思ったけど、しばらくしてからくるっと反転してどっか行った。
思わずリアルでも息止めてしまいました。(キョンシー気分)


個人的好みではないなーと第一印象で感じた嵐の領界だけれど、進めていくうちに嵐の領界の魅力にたくさん惹かれてしまって。
結論、いまのところ1番好きな領界は嵐です。
次が氷→水→炎かな。

最初はパッとしないと感じていたフィールドも、進めていくにつれて美しい豊かな緑と青に感動。


なにより、嵐の領界の中で&DQXをやってて1番感動したエリアは神獣の森。





ここに入ったときの感動といったらもうー!
何度も来たくなる場所です。
水彩画のような空。
撮る場所と角度によって絶妙に色のバランスが変わってオレンジがかったり、ブルーが強くなったり。
ダントツで、大好きな場所no.1です。


そして。ストーリー自体は、すごく良かったです。
通して全体で眺めてみると、やっぱり細かい部分はよく作り込んであるし、感情を入れて入り込んでしまうような奥行きのあるシナリオだなぁと感じました。
クロウズががっつり出てきて、今までのストーリー見る限りなかなかのツワモノかと思われたクロウズも、邪悪なる意思の力の前ではまるで歯が立たなくてびっくり。
めっちゃ強いじゃん。邪悪なる意思。

というか。
ヒューザなにしとるんじゃいこんのバカー!と思ったのはわたしだけ?w
もー、あの時ばかりはイケメンヒューザに怒りがこみ上げました。
いや、仕方がないのですががが、、、が!

でもでも、邪悪なる意思の術にいつからかかっていたのかがすごく気になります。
気付いてなかっただけでそういう描写あったのかな?
「鈴の音が聞こえなかったか?」の発言は勿論フラグだと思ってたけど、あの時点で術にかかっていたと言えるのかしら。。。

同じくエステラも、いつからナダイアの術にかかってしまっていたのか?
みんな鈴の音がはっきりと聞こえた瞬間に急にひとが変わったような感じになってて、それが引き金みたいなものなんだろうけど、、うーん気になる。
誰か教えてくれい。
種族神や各領界で起こったこと、もう一度改めて知り直す必要があるなー。
もうすでに次のストーリーが気になって仕方ないです。困った。




さくっと振り返ったストーリーはさておいて、いくつか新しいドレアを作りました。
嵐の領界に来たら、嵐の領界の合うような民族っぽいものを作りたくて、アンルシアのおべべに合わせてドレア作成。



全体図。



茶系、紫系でまとめたシンプルなやつ。


それから、ドラクエ初期の魔法使いが懐かしくなって、DQⅢの魔法使いを意識したドレアも。







これは出来がちょっとイマイチ。
再現度上げたくて、髪もブラッドにしたりしたけど、それがなかったらうーんて感じ。
マント付きのからだ上、全然良いものがなくてほんと困った。
マント付きのからだ上ってなんであんなに全部微妙でしかも似たり寄ったりでからだ下セット出来ないんだー。
上と下で分けれるようにしてほしい!






引退直前に、ルムメンの方々が〝39会〟を邪神の宮殿で開催してくれました。
クリンさんが主催で、みなさま集まって下さって本当に嬉しかったです。



なぜ邪神かというと、わたしが邪神スキーだから。
みんな上手なので一獄はサクッと終了。
サポミクがいたのでわたしに怒ってるのかサポミクに怒ってるのか分からず、ひとりでバタバタしまくってたのは内緒。
そしてマスタースキルを使って職業180スキル振り忘れて辛かった。w

一獄のあとは、二獄と三獄は行ける人行けない人が出てしまうので無し、みんなが参加できる四獄へ~。
サポ無し7人PTだったからなのか、わたしがインチキ占い師だからなのか、めちゃくちゃ苦戦。
何度もチャレンジし直して、最後の最後でやっと勝てました。
ほんと白熱した四獄だったー。
みんなきっと、あんな苦戦するって思ってなかったよね。笑
何度も死にまくってゴメンナサイ!

ずっと思ってたのですが、運命のタロットや恋人のタロットを使われるとドキッとするのはわたしだけですか?


あっという間の時間で、ほんと楽しく遊べました。
大好きなルームの方々たち。
ゆみこさんに最後会えなかったの残念でしたが…本当にありがとうございました。
クリンさん、素晴らしい時間をありがとう。



邪神のあと、ルムメンのらずさんと、嵐の領界モチーフのドレアで撮影会&ガールズトーク。


もっとたくさんお話したかったし写真もたくさん撮りたかったな。。
声掛けて下さってありがとう!
またいつか会えた時の楽しみにとっておきます。


他にも、まむちゃんとおジャ魔女ゲイツごっこしたり。





釣り仙人になったり。



レグⅣしばいたり。


バトルルネッサンス行ったり。





色々しました。





そんな感じで、29日の夜幕を閉じたわたしのアストルティア生活。
たくさんの出会いがアストルティア生活を楽しいものに変えてくれました。

まずは、アストルティアに連れて来てくれたR。本当にありがとう。
ピラ迷宮討伐職業ストーリー全てにおいて、わからないことを全ていっちょまえに出来るようにしてくれたのはあなただったよ。

そしてわたしのわがままを聞いてくれてチームを立ち上げてくれたリーダーのウルフ氏、初期から一緒に遊んでくれた藻氏とイッドさん。
思い出の大半を占めます。
ありがとうだけでは語りつくせない。

チームに入ってくれたククちゃん、トール氏、Tさん。
活動があったりなかったりの自由度99%のチームに入ってくれて本当にありがとう。


ルームを作る話を持ちかけてくれたKさん。
わたしのアストルティア生活を本当に楽しいものにしてくれました。
ルーム繋がりで仲良くなったらずさん。
最初は3人で、そこからゆみこさんが入って、少しずつ大きくなったね。
そこから出会ったふるふるさん、ちゃこさん。
短い間だったけどとても楽しかったです。


まむちゃん、クリンさん。
この2人もわたしのアストルティア生活の中で欠かせない方々。
楽しい時間をたくさんありがとう。
感謝の気持ちは富士山のごとく!(わかりづらい)

フレさん経由で仲良くなった人たち、、、たくさんいて、みんな大好きで、挙げだすとキリがないのですがw、引退直前に書いた手紙、返信下さったフレさんたち、ありがとうございました。
みなさんの想いのこもった手紙を読んでると、本当にお別れなのだなーと実感して涙涙。




エルフの少女の身体に生き返しを受けたエテーネの民ミクは志半ばでアストルティアを去りますが、もしいつかまた生き返しを受けることがあったら、もう一度同じツスクルに戻ってこれるかなー。

その時は、みなさんにまた会いたい!


その時まで、みなさんお元気で!
この子の存在が誰かの中に少しでも残っていくことを祈って。


Category : DQX

-2 Comments

B氏 says...""
ああ…ミクちゃん。
フレ欄から消えて、ほんとに消したんだなって実感しています。
いつか帰ってくるのを気長に待ってるからね。
2017.04.03 10:56 | URL | #- [edit]
39 says...">>>B氏さん"
ひょっとして、オーガのBさん??
伝えるの直前になっちゃってほんとごめんなさい。
もしいつか戻ってくることがあったら、またDKやレグはもちろん、他コンテンツも遊びましょうね!
お手紙もありがとうございました。すごく嬉しかった!
また会う日までお元気で!
2017.04.04 12:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ebitaimode.blog.fc2.com/tb.php/28-05c435b3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。